TOP > 久能山絆寿会 > 衣裳
日本の伝統美花嫁衣裳|日本人が世界に誇れる文化、和装。その中でも最も気品に溢れ、豪華絢爛な婚礼衣裳。日本の花嫁を最も美しく見せる衣裳は、列席や参拝の方々の記憶にも深く刻まれます。
節目にふさわしい衣裳を
新郎様は黒紋付に袴、
新婦様は白無垢に綿帽子又は角隠しが
婚礼の第一礼装です。
豪華絢爛な色打掛は、会食や記念撮影などのお色直しにお勧めです。
色打掛へお色直しされる際は、綿帽子や角隠しを外し、かんざしも華やかにします。
白無垢の清楚な感じから、一変した雅な姿は結婚式を華やかに彩ってくれます。
塩瀬の着地に手描き柄、本金箔を使用した友禅染め色打掛
三色ボカシ織の豪華絢爛な本場京都・西陣織、色打掛
結婚式に列席される服装の事例を
ご案内いたします。
お父様
紋付袴 男性和装の第一礼装。
モーニング 昼間の正礼装と言われる洋装。
タキシード 夜の正礼装とされる洋装。
フォーマルスーツ 上下黒のスーツ。
お母様
黒留袖 既婚女性が着用する和装の正礼装。
色留袖 未婚・既婚問わず着用できます。
フォーマルドレス 洋装の正礼装。
男性列席者様
フォーマルスーツ 上下黒のスーツ。
ダークスーツ 無地の濃紺、ダークグレーのスーツ。
女性列席者様
ドレス・ワンピース フォーマルドレスやカジュアルなものなど。
色留袖 未婚・既婚問わず着用できます。
振袖 未婚女性の正礼装。
その他着物 訪問着、付け下げ、色無地も参列者様の衣裳としてご利用頂けます。
列席者レンタル衣裳
資料請求はこちらから|詳しい資料をご郵送いたします。
選ばれし熟練のプロ「久能山絆寿会」がお二人の挙式を彩ります。